2013短歌大会入賞(一般)


山口県知事賞    

平がなにルビのふってある初手紙 紙いっぱいに三歳が踊る    
湯木 月江(周南市)



山口県議会議長賞  

かるた取る子らの頭が真ん中にじょじょに集まり肩で競りあう  
城 恭子(田布施町)



日本歌人クラブ会長賞  

舌先で匙押し返す食べぬ母なおも差し出すプリンが崩る   
                     山本 邦子(周南市)



山口県歌人協会長賞         

疲れたら転んで青き空を見る元気出で来てまた草刈りぬ   

松原八重子(柳井市)



山口県教育長賞             

竹を割ったようなる性(さが)の良し悪しを竹は知らずもぐんぐん伸びる
  
武重 周子(岩国市)



下松市長賞    

 征かざれば好々爺かも特攻の若き遺影は笑まひしままに 

河村 正浩(下松市)



下松市議会議長賞  

寒寒しく近づく気配ロボットをパートナーとして暮らす未来が    

野田智寿子(下松市)                       



下松市教育長賞      

 ラブラブねと言はれて夫は「介護です」言ひつつしつかと我の手を引く

                  石井紀美子(防府市) 



下松文化協会会長賞 

しなやかにおゆびあやつりをさなごはしろきとうふをつかまんとする

                  中島 君枝(宇部市)



読売新聞西部本社賞  

何歳で逝つたのだらうこの象は むかしの春の吾子の写生の

小田弥千代(周防大島町)





◇選者別特賞



森重香代子 選

茫洋としたりし青年或る日ふと輪郭を持ち歩み来るなり        武重 周子
舌先で匙押し返す食べぬ母なおも差し出すプリンが崩る        山本 邦子
寒寒しく近づく気配ロボットをパートナーとして暮らす未来が     野田智寿子



上村 典子 選

かるた取る子らの頭が真ん中にじょじょに集まり肩で競りあう     城  恭子
舌先で匙押し返す食べぬ母なおも差し出すプリンが崩る        山本 邦子
何歳で逝つたのだらうこの象は むかしの春の吾子の写生の      小田弥千代



河野 康子 選

征かざれば好々爺かも特攻の若き遺影は笑まひしままに        河村 正浩
肩肘を張らねばならぬ時もある古き背広に案山子が立てり       木村 桂子
平がなにルビのふってある初手紙 紙いっぱいに三歳が踊る      湯木 月江



藤本喜久恵 選

かるた取る子らの頭が真ん中にじょじょに集まり肩で競りあう     城  恭子
ラブラブねと言はれて夫は「介護です」言ひつつしつかと我の手を引く 石井紀美子
カレンダーにしるしをつけて何べんも何べんも見るひ孫の来る日    河口 繁子



弘兼 安雄 選

疲れたら転んで青き空を見る元気出で来てまた草刈りぬ        松原八重子
しなやかにおゆびあやつりをさなごはしろきとうふをつかまんとする  中島 君枝
をうをうと喚(をめ)く子のこゑ島のかぜ端午の空に幟はたたく     長尾 健彦



 
◇講師特別賞


大島 史洋 選 

平がなにルビのふってある初手紙紙いっぱいに三歳が踊る       湯木 月江
竹を割ったような性(さが)の良し悪しを竹は知らずもぐんぐん伸びる  武重 周子
アイマイミーヒーヒズヒムと覚えしは七十年前三度は使ひし      大田 綾子
うまく鎌を使いて稲刈る小学生僕は御飯が大好きと言う        尾山 英子
丘の畑の夫呼ぶ手立て鏡もて光を反(あ)射(て)れば手を振り応ふ    守田 敏子