2014年光市文芸祭

光市文芸祭短歌大会 一般の部 入選作品

 
光市長賞
四  輪郭の薄きベンチにお互ひの夏の匂ひを吸ひこみゆけり      倉橋 杏佳

光市市議会議長賞
一  子に呼ばれ呼ばれるたびに返事する子はただ母と呼びたきものを  蒲池 倫子

光市教育委員会教育長賞
二十九 攻撃のための化粧もありとせんひときわ赤く紅引きながら    海田 真理子

光市文化協会会長賞
十六  沈下橋くぐり大きく水を掻くカヌーのパドルが夏陽を弾く    永井 すずゑ

光市短歌協会会長賞
三十七 手の平で陽光ぎる試歩の朝生命線が太く伸びてる        小林 こうじ

講師選
二十三 化粧せし母を知らざり母よりも永く生ききて鏡にむかう     武居 恭子

佳作
五   母逝きて履く人のなき桐下駄のはな緒をゆるめ履きごこちみる  兼森 千恵子
七   りゆく波ののかぎろひてにぬるき潮を残しぬ          荒堀 健
二十八 鼻にまで涙流して吾が夫は葬りし猫の骨を拾えり        濱田 道子
十五  たよりきし背中は小さくなりはててさすれば骨が甚く手に触る  吉村 京子
四十二 バスカード入れるポケット付く服を外出に着る慣わしになり   海田 洋子

互選
二十三 化粧せし母を知らざり母よりも永く生ききて鏡にむかう      武居 恭子

光市文芸祭短歌大会 児童・生徒の部 入選作品

 

光市長賞
千里眼持てば無数の星の中宇宙の底は見えるだろうか  光市立光井中学校一年 森表 直哉

光市市議会議長賞
じてん車でスピード出してこいでみたかみのぜんぶが風とあそんだ
                          光市立浅江小学校二年 ならさき あんな

光市教育委員会教育長賞
二階から見つめる祭り明るくて一人の私が淋しいという 光市立光井中学校三年 山本 迪果

光市文化協会会長賞
にわのきにせみさんいっぱいとんできてわいわいたのしいパーティーだ
                          稲白市立向陽台小学校一年 鯨吉 あおい

光市短歌協会会長賞
洗濯物風に大きく揺れている天気図の下渦巻き模様   光市立光井中学校二年 金盛 智志


佳作
さあまわれ太陽系の中心のいつも燃えてる熱いリーダー  光市立光井中学校三年 石田 美楠
大輪のきれいな花が空に咲くカメラのフォルダmy花畑   光市立大和中学校二年 稗田 そらな
あまがきはがりっとかじるとあまいしるくちのなかではまえばがよろこぶ
                           光付属小学校二年   ひがし みゆう
夏空に高くそびえる入道雲太陽あびてキラリと光る    光市立光井中学校二年 野村 優
夏祭り人混みの中手をつなぎ君の横顔は赤くなっていた  聖光高等学校三年   吉田 美優