2014やまぐち短歌大会

やまぐち2014・短歌大会入賞者
・第8回 山口県総合芸術文化祭
・第50回 山口県歌人協会短歌大会

一般の部

山口県知事賞    
シュレッダーに介護日誌の飲み込まれ細断される五年の記録    
              正木 洋子(岩国市)

山口県議会議長賞  
「栗の毬痛いですよ」と紙を貼り可燃ごみの日手前に並ぶ 
              村本瑳智香(岩国市)

                        
日本歌人クラブ会長賞  
朝露にぬれた葉を分け新芋の太りをさぐる土に手を入れ  
              佐川紀美江(岩国市)

                   
山口県教育委員会教育長賞         
吊皮は握るにあらず残業のつづれのごとき身を吊りにくる
              高野 和子(広島市)
                       
山口県歌人協会長賞            
フクシマを一度もうたに詠めずいたMRIの音きき思う  
              相川美津江(岩国市)
                       
岩国市長賞    
 内向きのポストのふたが手の甲に触るれば離す白い封筒
              俵田ミツル(山口市)                           
岩国市議会議長賞  
祭りかな。ええっなんだっけ。駅前で8月6日を問われた人ら    
              本間 温(はる)子(鳥取県)
                       
岩国市教育委員会教育長賞      
終りなき里程をゆけるただよひに元安川の灯籠の群れ
              三浦 恭子(広島市) 
                               
岩国市文化協会長賞 
腰の辺を洗えば股間をややひらく病む妻われの手順おぼえて
              藤田 久美(ひさみ)(尾道市)
                       
(公財)岩国の文化を育てる会理事長賞
赤紙を手にしてよりの三日間語れば生徒ら静まり聞けり
              池田 友幸 (尾道市)
読売新聞西部本社賞  
海向いておしりの並ぶ船のデッキにアナ雪流れおしりも揺れる
              勝井 幸子(岩国市)
朝日新聞社賞
妻の電話は起承転転また転転、転、転、転結、否、結もどき
              徳田 義幸(廿日市市)
毎日新聞社賞
枯葉のごとはらりとバスから降りたちて男大きな嚔(くさめ)をしたり
              南本みどり (防府市)

中国新聞防長本社賞
舌癌の手術終りし夫に添い東病棟九階に住む
              兼子 春枝(岩国市)

 
◇選者別特選作品

平山 公一 選
妻の電話は起承転転また転転、転、転、転結、否、結もどき
              徳田 義幸
「栗の毬痛いですよ」と紙を貼り可燃ごみの日手前に並ぶ 
              村本瑳智香  
排便の失敗責めて百歳の父の尻うつわれは何者
              吉村 京子
                       

池本 一郎 選
シュレッダーに介護日誌の飲み込まれ細断される五年の記録    
              正木 洋子
終りなき里程をゆけるただよひに元安川の灯籠の群れ
              三浦 恭子
わが街で出生八十八、死亡二百五広報で知りぬ街が枯れゆく   
              西山 聰子 

宮里 勝子 選   
舌癌の手術終りし夫に添い東病棟九階に住む
              兼子 春枝
吊皮は握るにあらず残業のつづれのごとき身を吊りにくる
              高野 和子
 

大森 智子 選
シュレッダーに介護日誌の飲み込まれ細断される五年の記録    
              正木 洋子
祭りかな。ええっなんだっけ。駅前で8月6日を問われた人ら    
              本間 温子
 

鳥山 順子 選
あやとりの黄色の毛糸の母の手よ引き揚げ船の中にしありぬ
              柴田 裕子
フクシマを一度もうたに詠めずいたMRIの音きき思う  
              相川美津江
枯葉のごとはらりとバスから降りたちて男大きな嚔(くさめ)をしたり
              南本みどり

 
上村 典子 選
吊皮は握るにあらず残業のつづれのごとき身を吊りにくる
              高野 和子 
挑むより待ちを構える蟷螂の老いには老いの発火点あり
              垰野 治代
橋の上に署名をすれば女生徒はわれのパラソルさしかけくるる
              相原 由美


久保 敬 選
いつからかベッドの上のテーブルが夫と二人の食卓となる
              原田 妙子
朝露にぬれた葉を分け新芋の太りをさぐる土に手を入れ  
              佐川紀美江
内向きのポストのふたが手の甲に触るれば離す白い封筒
              俵田ミツル 

音羽 晃 選
海向いておしりの並ぶ船のデッキにアナ雪流れおしりも揺れる
              勝井 幸子
蜂の巢を叩(はた)けば群れて襲ひ来るかういふことが自衛権とは
              鮎川  清
腰の辺を洗えば股間をややひらく病む妻われの手順おぼえて
              藤田 久美

二宮 信子 選
死ぬるのは消える事じゃあないんだとそんな気もする孫と過ごせば
              吉本 蔦子
赤紙を手にしてよりの三日間語れば生徒ら静まり聞けり
              池田 友幸
フクシマを一度もうたに詠めずいたMRIの音きき思う  
              相川美津江 

百留ななみ 選
内向きのポストのふたが手の甲に触るれば離す白い封筒
              俵田ミツル 
朝露にぬれた葉を分け新芋の太りをさぐる土に手を入れ  
              佐川紀美江
「栗の毬痛いですよ」と紙を貼り可燃ごみの日手前に並ぶ 
              村本瑳智香

◇特別賞(講師選)

三枝 ミ之 選

在りし日の4B鉛筆そのまんま文机に待つ『おはん続編』
              原田 俊一
「採血でーす」ヤングナースが入り来てふんいき動く朝の病室
              澁谷 壽悦
三センチ上げねばならぬズボン丈時がわたしを食べてしまった
              三吉 静子
孫たちは皆ばあちゃんちと言うなんてまあまあじいちゃんそう僻
まない           中井富佐子
秋立てば君に手紙を書くつもり森が奥まで息すう朝に
              増田 理恵 


山口県知事賞を受賞して   岩国市  正木 洋子

岩国市で開催されたやまぐち二〇一四・短歌大会での入賞、しかも、山口県知事賞をいただきありがとうございました。
入賞の知らせが届いた時は思わず頬をつねってしまいました。痛かったです。
 短歌の事は何も分らず蜀江短歌会(二宮信子会長)へ入会してから十年、月に一度の勉強会へ出席し、会の皆様のご指導を受け、五七五七七、指を折り、なかなか出来ない時は止めようかと思ったり、たまに岩国市短歌大会で賞に入れば又思い直して続け、今回の賞をいただき本当に嬉しかったです。
 入賞した作品は母が亡くなり来年には十三回忌を行うのを期に整理処分しようとシュレッダーを購入しました。少しずつ細断されていくのを見ながら出来た歌です。母と一緒にいただいた賞だと思い、この賞を励みに今後も歌を続けて頑張りたいと思います。


児童生徒の部


◇特別賞 

山口県知事賞
試合中面の中での緊張感気勢と自信で敵をみすえる
    岩国市立麻里布中学校    二年 高原 出帆

山口県議会議長賞
「帰ろう」と包んでくれたシワある手今では私が包む祖母の手
    山口県立柳井高等学校    一年 應潟 綾乃

日本歌人クラブ会長賞
サッカーの決勝戦で点決めて心のおくがじわっと熱い
    岩国市立中洋小学校     六年 上村 美結

山口県教育委員会教育長賞
スパイクのでこぼこ残る黒土に吸いこまれてく汗も涙も
    山口県立岩国高等学校    二年 三明 亜実

山口県歌人協会長賞
部活中何度も頭をたたかれてかわいそうだねバスケットボールは
    岩国市立周東中学校     8二年 江守  開 
    
岩国市長賞
お父さんいつも広島バスで行くおつかれさんと言えたらいいな
    岩国市立玖珂中央小学校   六年 豆田 凌一 

岩国市議会議長賞  
試合後に涙あふれた僕の目をごまかすように夕立が降る
    岩国市立由宇中学校     二年 瀬川 祐介
                      
岩国市教育委員会教育長賞      
毎日はたいへんなことあるけれど夕日のようにもえてみようか    
    岩国市立平田小学校     五年 伊藤 花純                                      
岩国文化協会長賞 
かき氷とける速さで夏がすぎかたの黒かみ背中に届く
    光市立光井中学校      二年 藤井 明莉

(公財)岩国の文化を育てる会理事長賞
矢をつがえ静かに的に向かう瞬間(とき)貫くものは我の夢なり
    山口県立高森みどり中学校  三年 坂本 実紀

読売新聞西部本社賞
きみの横私だけと思ってたとなりに座るあの子はだあれ?
    岩国市立川下中学校     三年 藤本 亜美

朝日新聞社賞 
いじめられ泣いてばかりじゃいられない空に向かってさけんでみよう
    岩国市立平田小学校     五年 武田 慶太
 
毎日新聞社賞
父に母いつも仕事で何してる一度でいいから見に行きたいな
    岩国市立玖珂小学校     六年 田中 りお

中国新聞防長本社賞
ざんねんだ一匹もすくえん金魚おみせのおじさん六匹くれた
    下関市立名池小学校     二年 上田 みほ

◇入選者氏名

小学校の部 
岩国市立美和東小学校    四年  沖田 光晴
郡上市立白鳥小学校     六年  飛佐 美来 
岩国市立平田小学校     五年  賀屋 和奏
美祢市立伊佐小学校     一年  山ねかずあき
萩市立明倫小学校      二年  西山こと乃
岩国市立河内小学校     五年  重岡 美咲
岩国市立玖珂小学校     六年  角 阿知佳 
岩国市立玖珂小学校     六年  貴舩 大和
岩国市立川小学校      五年  安藤 幹太
下松市立東陽小学校     三年  安永 光汰

中学校の部 
岩国市立麻里布中学校    二年  北原 志織
岩国市立美和中学校     二年  三上 星羅
山口市立白石中学校     二年  佐藤  光
周南市立桜田中学校     三年  田邊真由子
岩国市立由宇中学校     二年  坂本 智洸
光市立光井中学校      二年  中村  葵
光市立光井中学校      二年  西川 真由
美祢市立大嶺中学校     二年  松本 沙咲
山口県立高森みどり中学校  二年  久冨孝志郎
山口県立高森みどり中学校  二年  村上  環

高校生の部
山口県立岩国高等学校    二年  中本 愛乃
山口県立岩国高等学校    二年  松本 拓万
   山口県立岩国高等学校    二年  岸田 真季
山口県立岩国高等学校    二年  大山 智也
山口県立岩国高等学校    二年  ア永 梨沙
山口県立柳井高等学校    一年  中本 晴妃
山口県立豊北高等学校    二年  川並奈津希
山口県立豊浦高等学校    一年  尾之上騎士
山口県立豊浦高等学校    一年  杉谷 優子
山口県立豊浦高等学校    一年  福冨  翼