やまぐち2015短歌大会入賞者一覧

            やまぐち2015・短歌大会入賞作品

《一般の部》

山口県知事賞
鋤きし田に引き込む水はくねくねと頭を振りて低きを探す   中村  正規 (防府市)

山口県議会議長賞
田の水に泥を払ひて一分を広島に向き畦に額づく       村本  瑳智香(岩国市)

山口県教育長賞
定年にわたくし流と俺流のコップの中の嵐ふえゆく      生田  麻也子(米子市)

日本歌人クラブ会長賞
柿の芽のほぐれば牛蒡の蒔き季と振る鍬かるし深く耕す    竹島  美佐子(周南市)

光市長賞
亡き伯母の庭の白桃届く朝少し未熟の香りをかぎぬ      都留  宏子 (岩国市)

光市議会議長賞
落ちて来る空受け止めて重くなる傘を両手に握る踏切り    伊藤  美紗代(岩国市)      

光市教育委員会教育長賞
水無月の薄雲かかる満月に茅の穂先は白きに眠る       井上  和代 (山口市)

光文化協会会長賞
子の書きし『夢の宇宙船』本棚に五年生のまま背を立ててゐる 澤井  潤子 (萩市)

山口県歌人協会会長賞
負けて泣き勝っても泣きて球児等の宴果てたりカナカナを聞く 森藤  佳江 (周南市)

読売新聞西部本社賞
連休明け見守り隊のおじさんの「おはよー」「げんきかー」長音優し 
                             井川  栄子 (岩国市)  

朝日新聞社賞
残されし者にはみんなゴミとなるわが前にある捨てられぬ物  福田  奎子 (山口市) 

毎日新聞社賞
足もとの扇風機の首反りにつつひっそりと聞く八雲怪談    百合本 具子 (下関市)

中国新聞防長本社賞
向日葵に止まる雀が向日葵と一緒に夏の太陽を見る      筒井  琴美 (下関市)

特別賞
この俺が生まれたというそれだけで祖母は吹雪のなか来たらしい
                             古賀  正浩
ゆうぐれの上がり框に風とおる簡単服の姑座りいき      相本  絢子
関心のあらぬ素振りをするわれの顔を覆いて笑みの現る    横道  つばさ
鋤きし田に引き込む水はくねくねと頭を振りて低きを探す   中村  正規
バンパーに「毒」と掲げてトラックが追ひかけてくる「毒」迫りくる 
                             中村 有爲子

特選
菜の花を玉梓として残しゆく春を好みし母のみ墓に      松田  容典
目の覚めて朝とわかればそれで足る今日は五歳と八歳が来る  木村  悦雄
ひと夏を風に遊びし一歳につちふまずあはくあらはれゐたり  河ア  香南子
娘(こ)の許に上京の友の便りには樂しくしてると何時も同文  野村  麗子
子の許で暮らすと去りし友の家色褪せてゆく売り家の立て札  貞久  京子

入選
燃料を使ひ切りたる草刈機肩に夕づく海を見下す       福本  和夫
水色の日傘を杖に母が立つ徴古館前さつき満開        倉谷  節子
若き日に想いを寄せし人の住む「海商通り」今も忘れじ    酒井  英子
路地裏に笹百合の香を撒きながら老婦の負籠右に左に     斉藤  定
センリョウの茂りに虹を作りつつ夏風邪癒へし朝を水撒く   森藤  佳江
大あくびすれば隣りも大あくび診察を待つ午後の長椅子    利長  さだお
「真知子さんか」電話の向こうに名を呼ばれ互いにさぐる五秒のしじま
                             山本 真知子 
教室で学びしことは擬態なりナナフシのごと気配を消せり   松本  進
行水の親子の声に日の照りて路地はしばしの昭和となりぬ   原   正吾
「焼山かくし」と母の呼びいし名残り雪吾がさびしさをかきたてて降る 
                             吉村  京子
目は見えず耳も聞えぬ老犬は吹く風に向き尻尾振りおり    佐川  紀美江
点滴の光るしずくが沁みてゆく生きかえる音が耳をくすぐる  中村  美重子
泣くわれを泣かず笑わず見つめいる幼子としばし見つめ合うなり蒲池  倫子
難協議持ちこし家路の吾の影 かげは素直にわれに付き来る  村上  篤
こんなにもうつ木の花がこぼれ咲く桜ばかりを見ていたわたし 貞久  京子
丘に建つ教会の屋根鋭角に底なき秋の空をたち切る      藤上  紀子
海面の貯木場には巨材なく麦わら帽子が小鰯を釣る      原田  俊一
登校の陽斗は手を上げ行ってきまーす吾は畑にて菜の花を振る 冨岡  和子
操船の技能審査のうかい船三艘漕ぎ出す真冬の川に      西村  恵子
診察室に真鯉の掛軸滝のぼり注射まつ間に飛沫とびちる    井倉  道代
同姓というだけでもう夫婦だと思われてしまう次長と私    石井  久美子
蝉あまた自在に鳴ける朱夏深し香月泰男の黒がひろがる    木村  桂子
柚皮の甘煮まぜ込む蒸かし菓子たずさえ行かん父の命日    原   澤子
子どもらが踏みて濁れる水たまり澄みゆくまでのひとときを待つ蒲池  倫子


《児童・生徒の部》 

山口県知事賞
自由とはひまなものだな休日にすることなくなり天井を見る
光市立光井中学校      二年 藤井 斗生

山口県議会議長賞
どきどきだはかたつくまでぼく一人いろんなまちがはやくとんでく
萩市立明倫小学校      二年 山本 宗茂

山口県教育長賞
放課後の声の消えた校舎には我の足音静かに響く
下関市立日新中学校     二年 中尾 虹海

日本歌人クラブ会長賞
反射して空さえ沈む深い海魚の群れと共に泳ぐ雲
山口県立高森高等学校    一年 福田 小夏

光市長賞
二年分想いを詰めた弾丸をそっと撃ち込む君の下駄箱
聖光高等学校        三年 藤原 実

光市議会議長賞
雨上がり澄んだ空気が映し出す雲からもれる光のつぶて
山口県立高森高等学校    一年 野村 枝里

光市教育委員会教育長賞
和気藹々時々喧嘩いろいろだかけがえのない大切な日々
聖光高等学校        二年 仁谷 直人

光文化協会会長賞
瞳閉じ翼よ生えろつぶやいた引退かけた最後のレース
山口県立高森みどり中学校  三年 武田 栞奈

山口県歌人協会会長賞
マットの上で連続技をする私ちょうちょとなった体育の時間
光市立塩田小学校      六年 林 彩心

読売新聞西部本社賞
ねころぶとまっくらな空からふってきた小さい花火大きい花火
東京都稲城市立向陽台小学校 二年 鯨吉 あおい

朝日新聞社賞
たのしいなうさぎがはしるゆめのくにあそびつかれてまたゆめのなか
光市立光井小学校      一年 大和江 亜花里

毎日新聞社賞
かあさんと口げんかした夕飯はごめんも混じるサラダの中に
光市立光井中学校      二年 森表 直哉

中国新聞防長本社賞
炎天下空に響くかせみの声やり残すことなかれと願う
田布施町立田布施中学校   二年 浅田 朋揮


小学校の部 入選

光市立岩田小学校       ニ年 山田 いづみ
美祢市立伊佐小学校      二年 山根 和晃
光市立浅江小学校       三年 熊谷 帆香
周防大島町立明新小学校    三年 砂田 怜南
萩市立明倫小学校       四年 野花 みなみ
柳井市立伊陸小学校      五年 佐郷 稔高
光市立浅江小学校       五年 國可 雪月菜
光市立塩田小学校       六年 大下 千穂
周防大島町立安下庄小学校   六年 中原 都佳彩
光市立三輪小学校       六年 末平 瑞季


中学校の部 入選 

光市立大和中学校       一年 土屋 歩美
岩国市立本郷中学校      二年 峯  千瑛
下関市立日新中学校      二年 鈴木 小央里
下関市立日新中学校      二年 児玉 喜知
岩国市立由宇中学校      二年 中尾 俊介
田布施町立田布施中学校    二年 河内 優奈
光市立浅江中学校       二年 藤田 真奈
光市立浅江中学校       二年 紙田 紫乃
光市立光井中学校       三年 吉冨 太基
梅光学院中学校        三年 山田 優弥


高等学校の部 入選

聖光高等学校         一年 ア中 貴寛
聖光高等学校         一年 梶山 大成
山口県立豊浦高等学校     一年 藤村 風音
聖光高等学校         二年 植田 龍生
山口県立華陵高等学校     二年 藤井 鈴花
山口県立華陵高等学校     二年 佐世 梨伽子
萩光塩学院高等学校      二年 原川 彩佳
山口県立豊北高等学校     二年 岩本 亮介
聖光高等学校         三年 長浦 ひかる
山口県立周防大島高等学校   三年 安高 レイアンナ